定款について

定款作成上の記名押印、公証人の定款認証手続の場合のポイント

株式会社を設立する際、発起人(出資者)は定款を作成し、記名押印します。押印については、実印で行う必要があります。また、公証役場での定款認証手続きを行う場合は、印鑑証明書を添付します。
上記の実印での押印、印鑑証明書の添付については、すでに日本に滞在し外国人登録をし、印鑑登録している外国人の方は、日本人と同様に印鑑証明書が取得できるので、特に問題はありません。
これに対し、海外に住んでいる外国人の方を出資者や取締役として参加させる場合には、実印の押印の代わりに本国官憲の証明する印鑑又はサインが必要になります。そして、印鑑証明書の代わりにサイン証明書や本国官憲からの証明書を添付することになります。

 

(在设立股份公司的时候,发起人(出资者)制作章程,签名,盖图章。 关于盖印,必须用正式印章进行。 另外,在进行在公证处政府机关的章程认证手续的时候添加图章证明书。
已经在日本逗留,关于用上述正式印章的盖印,图章证明书的添加,做外国人登录,因为能与日本人同样取得图章证明书所以问题没特别有正把图章登记的外国人。
与之相对,在让作为出资者以及董事朝在国外居住的外国人的方向参加的时候变得需要本国官府证明代替正式印章的盖印的图章或者签名。 以及结果是∶添加签名证明书以及来自本国官府的证明书代替图章证明书。)



上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。