会社設立について

株式会社を設立する場合、代表取締役のうち1名は、日本に住所を有することが必要でしたが、2015年4月から経営管理ビザに在留期間4カ月が設けられ、海外在住の方が、一人で設立に向けて動けるようになりました。この4カ月により、銀行口座を開設することができます。


①設立の定款内容の決定

経営管理ビザを取得後、口座を開設し、資本金を入金する。そのうえで、会社設立の登記を行う。

(① 董事,日本在一个人董事的公司的情况下需要具有地址的事情)

②経営管理ビザ(在留期限4カ月)取得

定款の他にも、事業所所在地の確保や収支計画書等が必要となります。


③入国後、銀行口座を開設

定款認証後、資本金を口座に入金をする。


④設立登記

管轄の法務局へ申請する。

完了後に、税務署等へ設立の届出、社会保険等の加入などが必要となります。




上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。